みむメモ

みむメモ まぁ~なんとかなるさ♪

“みむメモ”とは、「まみむめも」からマを抜いた、要するにおマぬけ談です。。。気まぐれでブログってますw

(スマホは横向き画面のほうが見やすいかも^^;) ※ 記事本文内にある 枠付き画像 は、クリックで 特大サイズ が別タブ表示されます MENU

ウスサマは、神様ではなくて明王なんだが。

烏枢沙摩*1明王

ウスサマと略して呼ばれることがあるので

「うす様」と思ってる方もおられるようですが、烏枢沙摩と書きます。誤解なきように^^;

 

トイレの神様として語られることが多いので、水と関係がある?と思いきや

水とは真逆で、炎を司る神様です。(まぁ、明王系は殆どが火を象徴する仏様ですが。)

なぜか厠*2(便所)の神様として祀られることが多いんだけど

本来は、この世の一切の汚れを烈火で焼き尽くす明王なので

トイレに特化した神様ではないんですがねぇ~。。。

っていうか、神様ではなく、神(天)より位の高い明王ですw

 

古代インドの炎の神「ウッチュシュマ(アグニ)」が語源であり 

現実的な不浄を清めるほか、心の浄化もしてくださる明王様です。

 

まぁ、便所は不潔な場所のイメージがあるので間違ってはないし

実際、お寺などの厠には烏枢沙摩明王が祀られていることがあります。

(これは、不浄な場所が怨霊の出入り口という思想からきているそうです)

このことから便所の清めという功徳が有名になったとのこと。

 

ご利益

  • 不浄の浄化
  • 下の病気平癒

意外なところでは、相思相愛のご利益まであるそうです。

また、「烏枢沙摩明王変化男児法」という

胎内の女児を男児に変化させる能力を持っているとされ

戦国武将*3に広く信仰されてきた明王でもあるそうです。

 


 

一般的には、一面三目四臂とされていますが

一面二臂のものや、三面六臂など

これといった定番像容がなく、持物にも決まりはないそうです。

炎髪で三目であることと、片足立ちしているというのは共通しているようです)

持物
  • 宝剣*4
  • 羂索*5
  • 三叉激*6
  • 宝棒*7

 

 

 

ウ〇チ踏んでもうたっ!

バッチぃ~!!みたいに

片足を高々と上げていますw

 


 

一時期流行った歌で「トイレの神様」ってのがあったけど

「女神さんやなくて明王やんけっ!!」って思ったかた多いかも?w

実はあれはあれで間違いではなく、トイレの女神様もおられるのです!

それはズバリ!弁天さんです!!

七福神の集まりで担当箇所の役割分担決めるときに

大幅に遅刻してきた弁天にトイレ(一番最後に残った箇所)が割り当てられたのだそうw爆

(ちなみに、弁財天は集まりに遅刻する常習犯だったらしいwww)

確かに弁天は神(天)なので、トイレの明王様ではなく神様!ということであれば

弁財天が正解になりますなw

 

トイレの神様っていったら、ウスサマ!!っていうのが浸透してますが

トイレといえば、火より水だし、どっちかってーと

炎を司る烏枢沙摩明王よりも、水と繋がりのある弁財天のほうがええかも?w

(私的には、炎は滅却で、浄化なら水じゃないかな?と思うのですよ)

それにさぁ~、トイレで用を足すとき、明王に睨まれてたら

出るもんも出なくなるような。。。

。。。って、女性に見られながら用を足すっていうのも無理ゲーかもw

(自分にはそんな性癖はないのでwww)

 

 ってかね

上げ足とって悪いんやけど、仏教において明王は神より上の位であるのに

お寺側でも、「トイレの神様 烏枢沙摩明王」という具合に表記してることがあり

一般人ならともかく、仏教寺自体がそういうことじゃあアカンのんちゃうのん?

と思うんやが。。。いかがなもんでしょ?w

 

*1:【うすさま】

*2:【かわや】

*3:戦国時代は男児を求める武将が多かった

*4:【ほうけん】煩悩を斬り祓い、魔を切り裂く

*5:【けんさく】苦しむ衆生をもれなく救う、大いなる慈悲

*6:【さんさげき】外の敵を避け、追い払う

*7:【ほうぼう】仏敵を打ち据える護法の棍棒