みむメモ

みむメモ まぁ~なんとかなるさ♪

“みむメモ”とは、「まみむめも」からマを抜いた、要するにおマぬけ談です。。。気まぐれでブログってますw

(スマホは横向き画面のほうが見やすいかも^^;) ※ 記事本文内にある 枠付き画像 は、クリックで 特大サイズ が別タブ表示されます MENU

住吉大社2018④ 道祖神のように見えるのやが^^;

種貸社拝殿の右手側

こちらの青銅狛犬はノーマル?子狛犬背負ってませんね^^;

石畳沿いの先に2社

兒安社*1 祭神:興台産霊神*2 / 海士子社*3 祭神:鵜葺草葺不合命*4

(奥に見えるのが種貸社の本殿かな?。。。と思ったのですが、あちらは別区画でした^^;)

 

さらに石畳どおりに左(拝殿裏手側)に進む。。。

ぬ?。。。ぬぬぬ?。。。

なんぞ?? 安産祈願・成就の神様のようですね。

性神だとは思うんだけど。。。

えーっと、男性器モチーフの道祖神ですよね?汗

 

 

 

 

← 正直なとこ、異様にも見えるお姿ですが。。。

 

 

無事出産(安産)できたお礼参りで

元種*5 が大量に返納されてたので、効果絶大なのでしょうね^^

 

絵馬

 

ナニ中の戌人形

たくさんの子授けの素焼き人形

素焼き人形を斜め上アングルから撮ろうとして、あることに気付いたっ!

 

男性シンボルがモチーフなのはすぐに気づいたのやが

赤子を抱いてる手(腕)の部分。。。真上から見ると女性シンボルのようにも見えたw

 

上にちょこっとナニをしている戌*6の素焼き人形がポツンとありましたが

子授けの素焼き人形も、ナニの様子を表現しているのかもですね^^;

 

(推測するに、ヒンドゥー教の「リンガとヨーニ*7」が根源じゃないかしら?)

 

 

本殿は見当たらなかったので、拝殿は本殿と一体型ということになりますね。

 

この記事で紹介したエリア

 

種貸社の隣(というか奥?)にも何かあるので行ってみます。

 

ちなみに
種貸社の手前には土俵があります。

(補修中のようでしたが^^;)

NEXT

住吉大社2018⑤ 海の神様

では、門を潜ってみましょう。 潜ってすぐ、右手には 志賀神社*1 祭神:底津少童命*2・中津少童命*3・表津少童命*4 黄泉の国*5から帰還した伊弉諾尊*6が海中で禊払*7をしたときに住吉大神と共に現れた海の神様 奥にある大きな神社は 大海神社*8 拝殿 祭神:豊玉彦命*9・豊玉姫命*10 大海神社は、海宮*11とも言われ、竜宮*1…

*1:【こやすしゃ】

*2:【こごとむすびのかみ】

*3:【あまごしゃ】

*4:【うがやふきあえずのみこと】

*5:【もとだね】安産祈願だけではなく、商売繁盛や出世・合格祈願などのご利益もありますが、ここに返納されてるのは『無事出産できました』という意味合いで間違いないでしょう。

*6:戌(犬)は子供をたくさん産むことから、安産関係の寺社に祀られていることがよくあります

*7:リンガ(男性器)とヨーニ(女性器)を組み合わせた一対の性器。生命根源の象徴で、牛乳をかけて清める風習がある。